ダサい部屋の特徴は?5分でセンスがよくなるコツ

センスがない、ダサい部屋から脱出したい人のために。ダサい部屋になってる原因とそれをどう改善すればいいのかアドバイスします。インテリア初心者、ゼロから見直したい人向けです♪

スポンサーリンク

そもそもなぜ部屋がダサくなるのか?

まずダサくなる原因・ダサい部屋の特徴をまとめてみます。

・部屋のテイストが決まってなく中途半端なインテリア
・家具のテイストがバラバラ
・部屋の配色がバラバラ
・収納箱の色や形が統一されていない
・収納をカーテンなどで隠している
・片づけるのが苦手(無駄に物があふれている)
・整理整頓が苦手

ダサい部屋の特徴
例えば、上記のお部屋がなぜダサいのか?
それは部屋のテイストがバラバラだからです。
・①の化粧台はフェミニン
・②のベッドはナチュラル系の木目
・③の化粧台の椅子はアンティ―ク、またはカントリー調
・④折りたたみローテーブルはメタリック調

まず部屋のテイストが決まってないと、どんなに高価な家具を置いてもごちゃごちゃ感、ダサく見えるだけじゃなく、清潔感もありません。

おしゃれでダサくない部屋にするには?

まずは自分がどんな雰囲気の部屋にしたいのか?想像してみてください。
例えば、
①昔のディズニーアメリカンスタイルの部屋
ディズニー部屋
出典:disney.co.jp

②すっきりしたモノトーンモダンな部屋
モノトーンモダンな部屋
出典:lowya

③甘さもある北欧スタイルの部屋
甘い北欧系の部屋
出典:lowya

ここでセンスよく部屋のお洒落を見せるポイントは、部屋のテイストを「極める」ことです。ナチュラル、北欧風、アンティ―ク調など、どの部屋のタイプにするにしても、中途半端でなく徹底的にそのテイストにすることです。

いろいろなテイストが混ざってると、ダサくなってしまいます。そして、そのテイスト(部屋のテーマ)に合わせた、部屋の配色と家具のコーディネートも大事なポイントです。

上記の3つの部屋をよく見てください。
お部屋のテイスト(テーマ)と家具があってませんか?
①のお部屋は昔のミッキーの世界観に入れるようなヴィンテージ調のアメリカンスタイル
②のお部屋はモダンを意識した家具もシンプルでスタイリッシュ
③のお部屋はフェミニンな甘さの中に北欧インテリアを意識した木がメインの家具

基本的には部屋のテイストがシンプルならシンプル、ゴージャスならゴージャス、可愛いなら可愛い・・・このように、部屋のテイストにあわせて家具も統一するとセンスがいいお部屋になります。

食事に例えると和食には和食の付け合わせ、フレンチにはフレンチの付け合わせ、創作料理ならその個性を活かした付け合わせですよね。

インテリアにも同じことが言えます。お部屋のメインのテイスト(お部屋のテーマ)が決まればそれに合わせて脇役を考えることができます。

参考サイト: インテリアコーディネート集LOWYA
通販の家具屋さんですがナチュラル・北欧/ノルデイック・ボタニカル・モダン・モノトーン・ヴィンテージと全部で100以上のお部屋のコーデ提案が見られます。

LOWYAだけではないですがインテリアのコーディネート提案をいろいろ見ることで自分が好きなテイストがわかり、それと同時に部屋の配色や家具についても自然とイメージが湧いてきます。

ダサくない部屋は収納上手

お洒落な部屋は共通して収納上手です。
そして、上手な収納のコツは収納はあえて隠さない。
お部屋のコーディネートのおすすめでカーテンをして収納を隠す技もありますが、これはお部屋がダサく見える確率が高いので特にインテリアに自信がない人にはおすすめしません。さらにいちいちカーテンを開けるという手間もかかります。

収納が見える場所にあるなら、あえて隠さず見せる。

そして、見せる収納のポイントは、収納箱の色、形など統一させることです。

ちなみに見える収納ケースは安っぽく見えず頑丈な無印やIKEAがおすすめです。100均でも統一はできますが質の安っぽさがやはり目立ってしまうのでシンク下や冷蔵庫内など見えない収納整理として活用するのがいいでしょう。
収納アイデア 
出典:my_home_ymama

お洒落な収納について実例の参考:無印インテリア↓
収納アイデア
出典:無印
無印良品で揃えたもの
・ステンレスユニットシェルフ
・REAL FURNITURE オーク無垢材サイドテーブル
・ポリプロピレン ファイルボックス
・ポリプロピレン収納ケース
・アクリル小物収納
・硬質パルプボックス・引出式

動画1分:MUJI無印良品:【銀座】スタッフがおすすめする、収納のコツ 揃える編

MUJI無印良品:【銀座】スタッフがおすすめする、収納のコツ 揃える編

おしゃれな部屋ほど物が少ない

よくドラマに出てくるお部屋や雑誌に載ってるようなお部屋がなぜ「お洒落で綺麗」に見えるのか?それは部屋のインテリアが統一されてることもありますが、そもそも物がごちゃごちゃ置いてないからです。それによって生活感も感じさせませんよね。

物が溢れていない=整理整頓や掃除がしやすくなる、という利点もあります。ミニマリスト哲学のように極端に物をなくす必要はありませんが、自分テイストの物だけにこだわって部屋作りをするとスッキリしたお洒落なインテリアができやすいです。

1Rのお部屋↓
脱ダサい部屋
出典:make_my_room.me

まとめ

お部屋の広さ関係なく、ダサくないお洒落な部屋づくりの基本は、

①自分の好きな部屋のテイストを極める(中途半端はダメです!)
②テイストに合わせた部屋の配色や家具のコーディネートを合わせる
③見える収納は隠さないで見せる(収納ケースは色・形を統一)
④片づけたくなる部屋にする(無駄に色んな物でごちゃごちゃさせない)

自分はどういう空間にいると心が落ち着いて幸せを感じられるのか?好きなキャラクターに囲まれる部屋、緑が多い部屋、パステル系のふんわり明るい部屋、木を感じる温かい部屋、無印のようなシンプルな部屋、カフェ風のお洒落な部屋・・・・人それぞれ好みがありますよね。

まずは自分の好きなテイストのお部屋を追求してみてください。そして、自分スタイルの居心地がいいお部屋を極めましょう♪

関連記事:落ち着く部屋の作り方「1日中離れたくない部屋にするコツ3つ」
関連記事:【ルームツアー】一人暮らし男子おしゃれシンプルな部屋ベスト5選